空虚に鳴る鐘

頭の中に言葉があって

つまらないことを考えて

そんなことの為に言葉が使われて

申し訳ない気持ちになりながら

「あなたはもっと美しいから」と、無気力に謝る。

 

記号の源祖なんて正直どうでもいい。

今ある言葉すら美しく使えない私は

それでも

白い壁のへこみを見つめて

 

へこみ

 

と言葉が浮かぶ。

 

 

ただ、それだけのことなのだけど―(endless)