3.11に新宿〜東京をシャボン玉をふきながら歩く①

企画、デザイン:三木麻郁

2011年3月11日に起こった東日本大震災から1年を迎えた。

 

悲惨な出来事が多く目立ったかもしれない。

町が崩壊し、多くの人が亡くなり悲しみに暮れたが

同時に日本­中が大きな希望に包まれていることも、私は痛感じた。

 

実際、震災から多くのことを学んだのではないだろうか?

 

励まし合い、助け合い、命を尊び、知恵を出し合い、

全ての日本人は情報に齧りついて、文字通り「一丸」となっていた。

被害少なに見えた東京でさえ交通は麻痺をして人々が街に溢れたが

帰宅難民となった彼らはとても頼もしかったと聞く。

 

どんなに荒々しい声であれ、全ての主張の奥底にあるのは

「この状況を何とか打破しよう」という共通の想いがあってのことである。

それは今も、ボランティアやチャリティイベントなど

時と場所によってカタチを変えながら全国で続いている。

 

あの衝撃の日から1年を迎えた節目に、私はこの日本を讃え、エールを贈りたいと思った。

私たち、よく頑張ってるよ、と自画自賛して良いじゃない。

あの時のような希望を全員が持ち続ければ

日本は本当に良い国になれると思う。

 

希望と感謝の気持ちを今一度思い出すために、

そしてまた、亡くなった多くの命が安らであることを願って

2012年3月11日の夜、シャボン玉をふきながら、帰宅難民で溢れた新宿〜東京を歩くプロジェクトを企画した。

皮肉を言うつもりはなく、私たちの成長は、彼らが気付かせてくれた。

亡くなった方々に感謝の気持ちを示したい。

シャボン玉を選んだのは、鎮魂歌である童謡「シャボン玉」に込められた想いを拝借した。

 

facebookとtwitterを中心に呼びかけて共感してくれる参加者を募り、共に歩いた。

当日は道行く人も加わり、のべ15人が参加してくれた。

 

 

 

 

 

行進の間はiPhoneを使って

GPSによる位置情報と現場の写真を詳細に私のTwitterに載せて流した。

参加したいができないという人にも臨場感を味わってもらうことと

途中から参加を希望する人への連絡を兼ねていた。

 

 

Twitterでの様子を、Togetterにまとめている。

 「2012/3/11 シャボン玉をとばしながら新宿〜東京を歩く中継 」

  http://togetter.com/li/274023


(2012.3.6. 当サイト トップページと三木麻郁のfaebookに掲載して参加を呼びかける。

 文章はできるだけ「わたし」の言葉で書くことを心がけた。)

 

[イベントのお知らせ]


2011年に起こった天災は、悲しいことがいっぱいあったけど、同時に
人間という生き物の底力を見た。繋がりを感じた。
日本は…やれば出来る子じゃないのか?と思った。
問題は山積してるし、ただご冥福を祈るのはなんだか私には薄っぺらい気がするんですが、
人間は情けないけど大事になってからようやく気付く生き物で
そこでようやく人との繋がりを感じたり、助け合ったり
しがないプログラマーが停電速報サイト作ってくれたり、すげえなって。
そういうことは忘れなくて良いと思うんです。

問題の解決には色んな方法があるでしょう。
それぞれの立場で、それぞれの言い分があるでしょう。
けれども根底にある気持ちは同じはずです。

生き残った私たちがすべきことは、「希望」を持ち続けることです。

亡くなった方々の魂が安らかに昇天できるよう願いも込め
鎮魂歌である、童謡「シャボン玉」にならって
1年前、交通機関が全て麻痺した東京で、シャボン玉をとばしながら歩こうと思います。
(▼鎮魂歌としての「シャボン玉」紹介)
 http://rocketnews24.com/2011/08/18/122651/


ご賛同いただける方は、一緒に歩きましょう。

ウキウキ楽しい気持ちで。

 

1年間頑張った日本を褒め讃えるために。

これは、お祭りなのです。


決して悲しみを癒すだけのために歩くのではなく
悲しみと共に強くもなった、頼もしい自分たちを忘れないために
歩くのです。



ルートは「新宿駅〜東京駅」を計画しています。
詳細は以下の通りです。
時刻は参考です。変更の可能性があります。

p.m.10:30 新宿東口前広場 出発
p.m.11:05 東京メトロ四谷駅 通過
p.m.11:20 東京メトロ麹町駅 通過
p.m.11:45 東京メトロ桜田門駅 通過
a.m.00:15 東京駅 到着
(★添付した写真をご参考下さい。)

私がどこを歩いているかはtwitteで中継しますので
途中参加、途中退場も、大歓迎です。

 

参加をご希望される方は、問い合わせ/mailまで

メッセージにてお申し込み下さい。


!!!注意!!!
参加するにあたって、以下の点に同意願います。

◯主催者(三木麻郁/Maaya Miki)は、
 この手の企画をした前例はなく、完全に素人です!
 どうぞ、ご了承ください。

◯このイベントはゲリラ敢行を予定しています。
 現在のところ警察への届け出はしていません。
 小規模のゆるいゲリラデモを考えています。
 交通事故等、万が一の事態が発生した場合
 主催者は一切の責任を負いません。
 申し訳ありませが,全て自己責任でお願いします。
 (ただし,参加人数があまりにも多いと判断した場合は
  警察にデモの申請をすることも検討中です。)
 
 
◯このイベントは、深夜10時(3/11)〜深夜0時過ぎ(3/12)
 を予定しています。
 最後まで参加いただきますと、終電がない可能性があります。
 どうか無理のない程度で、ご参加ください。

よろしくお願いします。

 

三木麻郁

 


 

[Walk along the roads of Tokyo blowing soap bubbles on the night on 3.11]

 

It was really sad and terrible to experience 3.11, but at the same time I felt the warmth of other people and realized how I am being supported by them. These made me think that Japan might not be so bad after all.

 

Just praying for the victims might not be enough when there are still many problems to be solved. I think we should not forget how we helped each other. It's a little shame that it was not until the disaster that we realized the warmth of other people but I think we should remember things like how a humble programmer made a website for prompt report of blackouts.

There may be many ways to solve issues.From each standpoint, each may have their own assertion, though their heart share the same feeling.


For us, whom we survived, what we can do is to have hope in our hearts.
In memories of the victims of the tragedy, to let their soul soar high up in the sky, we would like to sing the "requiem child song" Shabon-dama (Soap Bubbles) and walk along the roads of Tokyo where transportation systems were paralyzed last year on 3.11This is not only for sooth our sorrows, but to not forget the existence of ourselves who become stronger than before through sorrow.

Walk with us if you support this idea.

This is not only for soothing our sorrows, but to not forget the existence of ourselves who became stronger than before through this experience.


Our route plan is from Shinjuku station to Tokyo Station.Details shown below (schedule is temporary and may change)
p.m.10:30 depart JR Shinjuku station East exit open space(Higashi-guchi mae hiroba)p.m.11:05 pass Yotsuya station (Tokyo Metro)p.m.11:20 pass Kōjimachi station (Tokyo Metro)p.m.11:45 pass Sakuradamon station (Tokyo Metro)a.m.00:15 arrive at JR Tokyo station(see attached image for reference)
Also we will be reporting where we are live on Twitter, so participating from the middle, or dropping out is ok.


!!!ATTENTION!!!Please read through this when participating.
◯Please be approved that the organizer of this event, Maaya Miki, never had had an experience like this sort of event before. 


◯This is a small guerrilla event, and has not reported the police about the activity in advance. (We may report if participation become too large) The organizer will not take responsibility for any sort of accidents and such. Please be prepared that all responsibilities lie upon individuals. 

 

◯To avoid hazard, we may limit the number of participation.Generally, the participants of this demonstration is limited to organizer, Maaya Miki's friends.Please do not share this event!If you would like to invite your friends, please ask the organizer first. 

 

◯This event starts from March 11th 10pm and scheduled to end around 12pm. If you plan to participate until the end, there may be no train running at that time. Please participate without taking any risks.
with many thanks, regards,Maaya Miki


(English was written by Akihiko Sugiura and Ayae Takise. Thank you so much!)