3.11シャボン玉・アーカイブ ARアプリ

プロジェクト企画:三木麻郁     アプリ開発・実装:渡邉英徳

渡邉英徳(Hidenori Watanave)とのコラボレーション。

東日本大震災をきっかけに始まったプロジェクト「3月11日にしゃぼん玉を吹きながら歩いて家に帰る」の写真アーカイブを、立体マップとAR(拡張現実)で閲覧できるアプリを制作した。

 

「ARモード」に切り替えてカメラで周囲を眺めると、過去にプロジェクト参加者たちが歩いた場所が風景に重ねあわされ、過去の時空間を、より身近に感じることができる。

2011年3月11日に体験した出来事を風化させず、語り継ぐためのツールとして作られた。